原一探偵事務所の詳細

arrow2原一探偵 基本料金50%OFFの連絡先はコチラ(24時間相談無料)

ここでは本サイトでおすすめしている原一探偵事務所についてもう少し詳しく紹介します。

原一探偵事務所の特徴

  1. 乱戦業界で創業42年の信用
  2. テレビに出る有名探偵社
  3. 装備トップで車両尾行力は無比
  4. 日本全国に18拠点を展開する最大手
  5. 明快で安心な料金システム

1.乱戦業界で創業44年の信用

原一本社自社ビル

【原一本社(自社ビルを持つ興信所は非常に稀)】

興信所・探偵業界は無数の零細業者が生まれては消えている乱戦業界です。

その数は5,670社(平成25年度届出数)に及びますが、長い歴史を持つ会社はごくわずかです。

そんな世界で原一は40年以上も続いており、他の企業とは違う「何か」があると認めざるを得ません。

「いいかげんな興信所だったら、そんなに長期間続くはずがない」

そう考えて、難しい話よりも業歴を信用してハライチを選ぶ方も多いそうです。

2.テレビに出る有名探偵社

フジテレビ、TBSの人探し番組・詐欺解明番組に技術協力しており、毎年テレビに出ています。

単発で出演する探偵・興信所は他にもありますが、継続してメディアに流れているのはここだけです。

制作協力番組一覧

  • TBS系 「実録!犯罪列島2016」
  • TBS系 「水トク! 今夜あの未解決事件を超能力軍団が一挙解決」
  • フジテレビ系 「ニッポンのぞき見太郎」
  • TBS系 「ご対面バラエティー 7時にあいましょう」
  • フジテレビ系 「ハンゲキ 怒涛の4時SP」
  • TBS系 「実録!犯罪列島2015」

3.装備トップで車両尾行力は無比

群馬県の浮気調査は徒歩尾行は少なく、ほとんどが車両尾行の案件です。

調査車両やデジタル業務無線などの装備力が充実した、車両尾行に強い興信所を選ぶことが大切ですが、この点でハライチに勝るところはありません。

全国展開の同社にとって最大のマーケットはやはり東京であり、都内に複数の支社を持っていますが、本社はなぜか埼玉県川越市です。

その理由は、安価な駐車スペースを大量に確保するためだそうです。

parking

【本社の第4駐車場に並ぶ多種の調査車両】

本社の近所には4つの駐車場があって、いろいろな車が停められています。

s張り込み専用の業務車両風車両

【郊外の張り込みはトラックや業務バンも必要】

郊外~田舎の張込みで乗用車が停まっていると大変目立ちます。

だから、軽トラとか業務バンなども保有しており、ボディに穴を開けて望遠カメラを仕込んだ探偵仕様にしています。

デジタル業務無線

【盤石の通信インフラ=デジタル業務無線】

プロ探偵の尾行はチームで行います。

滑らかな連携を支えるのは、信頼性の高い通信システムです。

一度に全員に通信できないとか、電波が途切れることがある通信システムを使っていては、調査失敗のリスクが急上昇します。

この観点から、ハライチさんではデジタル業務無線を各社各人に1台ずつ配備しています。

理想的なシステムですが、1台10万円以上するので使える興信所は少なく、スマホで代用しているところが多いです。

しかし、理想的な通信環境を放棄すれば、それは必ず調査品質に表れます。

原一のW探偵

【抜群のドライビングテクニックを持つW探偵】

高い車両尾行力には装備が重要ですが、一番大事なのはもちろん探偵のスキルです。

簡単に言うと、相手に見える場面では距離を取り、見えない場面では慌てて追いつき、チームメイトと役割交替しながら追いかけていくということをします。

だから、個人個人のドライビングテクニックとチームメイト間の連携スキルがとても大切になります。

同社への2回目の取材の時に、新人の車両尾行訓練に同行させていただき、それを直接自分の目で見てきました。

上の写真はその時私を連れまわしてくださったW探偵です。

私もイヤホンをつけて無線で3台の車の状況を明確に理解することができました。

そして助手席でW探偵の神業のような運転を目の当たりにしました。

彼らの車両尾行スキルは本当にすごい本物だと思います。

4.全国に18拠点を展開する最大手

北海道から九州まで日本全域をカバーして18拠点を展開しており、全拠点に自社探偵が常駐しています。

これは遠方での調査に、土地勘のある探偵が移動時間や出張費の発生なしに即出動できることを意味します。

家出人捜索や旅行・出張絡みの浮気調査では、圧倒的な強みがあると言えます。

全国18の自社拠点

札幌/仙台/高崎/千葉/埼玉(川越・大宮)/東京(日本橋・新宿)/横浜/静岡/名古屋/大阪/神戸/岡山/松山/広島/福岡

5.明快で安心な料金システム

ハライチさんは、着手前に調査費用総額を決め、経費は全部こみで、請求は1回きりという料金システムを取っています。

興信所は料金トラブルが非常に多いので、最初に総額が決まる仕組みはひとつの安心できるやり方です。

経費は後日清算という料金システムの興信所も多く、それはそれで悪くはないです。

ただし、後日清算の費目に交通費やガソリン代だけでなく、多くの費目が盛り込まれて、とんでもない額を請求してくる会社も多いのでご注意ください。

最初に払うお金と後日清算分のそれぞれに何の費用が含まれているのか、事前にしっかり確認することが必要です。

成功報酬もクセものです。

家出人捜索だったら成功/失敗がわかりやすいが、浮気調査は「何をもって調査成功とするのか?」という定義がわかりにくい。

浮気が確認できただけで成功なのか、鮮明な証拠写真まで撮れてはじめて成功なのか?

調査日に浮気してなかった場合はどうなるのか?

こちらは「失敗」と思っているのに、相手が勝手に「成功」として請求をかけてきて、トラブルになっている事例も多いので、事前に「成功の定義」についてよく話し合っておくことが必要です。

以上のように、複雑な料金システムはいろいろなもめ事の危険を秘めています。

最初の金額さえ納得できれば後は心配が一切ない、ハライチのシンプルな料金システムはわかりやすくていいのではないかと思います。

arrow2原一探偵 基本料金50%OFFの連絡先はコチラ(24時間相談無料)